Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//婦人科系の不調が伝えたいスピリチュアルなメッセージとは?

体からのスピリチュアルなメッセージ

婦人科系の不調が伝えたいスピリチュアルなメッセージとは?

婦人科系とスピリチュアル

婦人科系の不調といえば、月経過多や生理痛、PMSなど生理関連の悩みから、子宮筋腫や内膜症、卵巣のう腫に子宮がん、子宮頚がんと様々な種類がありますが、今日はそんな婦人科系疾患が私たちに伝えたいスピリチュアルなメッセージを紐解いていきたいと思います。

目次

あなたを悩ます婦人科系の病は?

私たち女性を脅かす婦人科系の病。
今現在、あなたを悩ませている婦人科系の不調ってなんでしょうか?

20代の方に多い悩みは生理痛やPMSでしょうか?
そして、30代になるとさらに子宮内膜症や子宮筋腫に悩まされる方も増えてきます。
40代になると子宮頚がんなどの癌も心配になってきますよね。

かく言う私も、実は子宮頸がんに罹っていた時があります。
幸いにも前がん状態と呼ばれる時に発見され、円錐切除手術によって事なきを得ました。

婦人科系のトラブルって私たちが女という性を意識せざるを得なくなる月経の始りから早々に始まります。

まず、私が最初に感じたトラブルは、ナプキンによるかぶれ。そして、生理痛や便秘、気持ちの落ち込みやイライラや眠気などなど。月に1度は必ずやってくるこの不調の数々に、心と体の元気を奪われ「男は良いよね、生理が無くて・・・」なんて、女に生まれた事を呪ってしまいそうになった時もたくさん!

ある調査によれば、生理のある女性の95%は生理痛を感じた事があるそうです。

そして、鎮痛薬を服用しなくても生理痛を我慢できるという人は全体の3割程。その他の人は生理中少なくても一度は鎮痛剤を利用しているとの事でした。そして驚く事に3%程の人は鎮痛剤も効かないと・・・。

確かに、以前働いていたエステサロンの同僚(30代)がかなり重い生理痛をお持ちだったのですが「薬を飲んでも効かない」とサロンで真っ青な顔してうずくまってしまう。。。なんて事が数度ありました。
私はそこまで酷い事はほとんど経験がなかったのですが、本当に辛そうな同僚をみて、本当に女って大変だな~と感じた事をよく覚えています。

婦人科系臓器をスピリチュアルな視点で見てみよう

子宮とスピリチュアル

婦人科系の臓器とその働き

婦人科系の臓器と言えば、子宮と卵巣ですよね。

子宮は命が宿り命を育み、その命をこの世に生みだす物凄い力を持った臓器です。
そして、卵巣は生理、妊娠に必要なホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンを分泌している内分泌器官でもあり、赤ちゃんの元になる卵子をつくりだす大切な器官です。

そして、最大の特徴はその二つ共が、男性には無い、女性だけが持つ臓器だという事。

婦人科系臓器(子宮、卵巣)とスピリチュアルな関係

卵巣とスピリチュアル

そんな素晴らしい神秘的でパワフルな臓器である子宮や卵巣が持つスピリチュアルな意味、それは『創造力』です。人間を造り出す事が出来る程の『創造のパワー』をあなたは信じていますか?

創造のパワーなんていうと解りずらいかな?解りやすく言うと、楽しそう!!なんかワクワクする!やってみたい!こんな事があったらいいのに!なんて感じのあなたの感じる欲求の事。

『女は子宮で考える』そんな言葉を聞いた事がありませんか?実はコレってスピリチュアルな側面から見ての言葉だとしたら納得なのです。だって子宮や卵巣はチャクラ的にみると第2チャクラと関係し、その第2チャクラは欲求が最初に生まれる場所と言われています。卵子が生まれる卵巣と赤ちゃんを育む子宮の働きありきでそう考えたのだとしたら、アリなんですよね。まあ、正確には『考える』ではなく『女は子宮で感じる』かな(笑

あなたの子宮で芽生えた欲求を、上位のチャクラの協力により具現化していきます。
(詳しくは下記のチャクラと身体の関係のリンク先をどうぞ。)

子宮ってそんな風に、創造のエネルギーに満ち溢れている臓器なのです。
あなたは、自分の欲求に耳を傾けていますか?そして、その素晴らしい創造力を使っていますか?

女性に宿る秘めたパワー、そのパワーを存分に発揮できていますか?

子宮頸がんに罹ったわたしが感じた子宮頸がんとスピリチュアル

子宮頚がんとスピリチュアル

ちょっとここで私の話になりますが、聞いて下さい。先にもあったように、私は子宮頸がんの前がん状態での手術を経験しました。
その10年以上前20代の頃から不正出血があり、毎年の検診ではびらんと診断されていて、のちに異形成となり、妊娠中にしたがん検診でCLASS Ⅲ/ ASC-Hと診断され、出産後に即手術となりました。

インフルエンザウィルスにも負けない私だったのに、子宮口はまんまとウィルスにやられていまいました。正直悔しいです。
この子宮頸がんのウィルスはヒトパピローマウイルスと呼ばれ、性行為が主な感染ルートです。だからこんな言いかたもできる。『私は男のせいで子宮頸がんになりかけた。』(本当はそんな事ないんだけどね、お互い様なんだけどね。)

だけど若い頃の私はけっこうこの『男のせいで』って思いが強かったように思います。
なんか、男に対する恨み節っていいうのかしら・・・男に対して、ズルい!!ムカつく!って思いを強く感じる女だったんですよ。。。
そんな私が、男の手によってしかうつされないウィルスでヤられた・・・。

話を戻すと、子宮って命をはぐくむ場所、育てる場所。安全であり、安心な守られる場所。
だから、家族とか家庭がキーワードに上がる。
そして子宮口って、そんな子宮(家庭、家族)であるこっち、と子宮以外のあっちを分ける場所であり、入口であり出口である場所。

そんな場所が性行為による外部からのウィルスによって、癌化していってしまう。

ようするに、私が持つ家庭や家族、安心出来る場所に対する思いは男性の影響を強く受けやすいって事になる。

たしかに、男(ヒトパピローマウィルス)のせいで、安心できる場が壊される(最悪死ぬ)可能性があったわけだしね。

男に対して甘えられない自分。
男に負けたくないって思う自分。
男はいいな、ずるいなってずっと思ってたわたし。

女の人が好きなら良かったのにって本気で思ってた時もあった。
でも好きになるのはやっぱり男で、その男の身勝手さに何度も傷つけられた。
男を好きになる自分、さびしくなると恋人を欲する自分に呆れる自分もいた。
バカな男が悪い!!女は悪くないのに!!ってメチャクチャ男を敵対視している自分。

そんな事をずっと続けていたように思う。
男に対する不満と憧れ。そして家族に対する不満と憧れも。

男のせいでムカつく思いをするし病気にもなるけど、男のおかげで楽しかったり幸せだったり、赤ちゃんを授かる事も出来る。
愛する男性と結婚して子供を産んで、家族になるのも楽しいのかもしれないけど、私の時間、自由が無くなるのはイヤ!

子宮頸がんの象徴している『家庭や家族、安心出来る場所に対する思いは男性の影響を強く受けやすい』って、揺れていた20代~30代の異性に対する私の思いそのものだなって思いました。

そんな子宮頸がんが伝えたかったスピリチュアルなメッセージはきっとコレ。

あなたが自分の創造性を発揮出来ないのは、
あなたが女性だからですか?男性のせいですか?
いい訳してばかりいないで、あなたの創造性を発揮しましょう。

ああ~~~~~~~、耳が痛い。。。。

子宮や卵巣の不調があなたに伝えたいスピリチュアルなメッセージとは?

婦人科系とスピリチュアル

ここまで読んで、あなたはどう感じましたか?

あなたにとって、家族って家庭とは、なんですか?
あなたは女性である事についてどう思っていますか?
女に生まれてきて良かったですか?

婦人科系の疾患で悩むあなたは、私と同じようにもしかしたら

・女であるせいで〇〇が出来ない
・女じゃなければよかったのに。
・男ってズルい!男ばっかり・・・

なんて思いがありませんか?

女であるが故の悩みを抱えていませんか?

幼いころの育てられ方によって女の子は何も出来ないか弱い存在、という思いこみや兄に比べられたりと女である事で、悔しい思いや損をした経験で創り出した、いらない思いこみがありませんか?

また、頼るとか甘えるとか女性的な事が苦手ではありませんか?

そんなあなたに子宮や卵巣が伝えたいスピリチュアルなメッセージはコレ!!

あなたの生みだすパワー、創造力を信じてください。
あなたが安心出来る世界はあなたにしか造り出せません。
あなたの欲求を現実の世界に産み出しましょう。
何かのせいにするのは終わりです。
言い訳してばかりしていないで、あなたの中に眠る女性性のパワーを発揮しましょう!
女性であるあなただから出来る事があります。あなたにしか出来ない事があります。
女である事をもっともっと楽しみましょう!



婦人科系の不調が伝えるスピリチュアルなメッセージはいかがでしたでしょうか?

あなたも体からのメッセージに耳を傾けて、自分らしく輝ける毎日を手に入れませんか?
まずはココから↓↓↓↓

その他の体からのメッセージはコチラからどうぞ

SHARE
シェアする

ブログ一覧