チャクラ

チャクラとはサンスクリット語で『輪』や『車輪』を意味します。主なもので体の中心にある7つと、その他にも手のひらや膝など、体中に複数存在します。チャクラは体のエネルギーセンターになっていて、人はこのチャクラを通して宇宙からエネルギーを取り入れ、経路にそって体の隅々まで浸透していくと言われています。

名前・位置/キーワード 働き/関係する器官 問題がある場合 対応する精油
クラウンチャクラ(頭頂)


全人格と人生の統合
普遍的な真実と知識を手に入れる
宇宙のエネルギーを受けとる
不可能を可能にする
絶対的な平安を見い出す事ができるように、自分で自分をプログラムする

松果体・下垂体・視床下部
全身の統合が出来ていないため、ふわふわしたり、イライラしたりする
精神的に自分が他人より優れている、特別な人間だという意識が高くなり、人を見下してしまう
ジャスミン
ローズ
ラベンダー
フランキンセンス
ローズウッド
サンダルウッド
ブラウチャクラ(眉間)


思考の現実化
あらゆる夢を可能にする
内なるビジョン
自分の人生の指揮をとる
直感(洞察力)、思考、知恵、真実、記憶

脳、神経系、下垂体
物質主義、先入観が強くなる、合理主義者になる
記憶力、思考力の低下
イメージがわかなくなり、思いついたアイデアを実現させることができない
ローズマリー
ジュニパー
タイム
ヘリクリサム
スロートチャクラ(喉)


自分自身に
誠実に生きる
コミュニケーション能力
自己表現、感情表現、創造力、意志、選択の力

喉、首、耳、声帯、甲状腺
コミュニケーション能力の低下
言わなくていい事を言ったり、誤解を招く言葉を使ってしまう
人や自分を傷つける言葉を使ってしまう
閉鎖的で臆病、批判的
ジャーマンカモミール
ユーカリ
ミルラ
ハートチャクラ(胸の中心)


自分自身との関係
あらゆるものとの繋がり
愛、思いやり、許しと受容
自分をあるがままに受け入れる
肉体のチャクラ(1~3)と精神のチャクラ(5~7)を結ぶ


心臓、肺、呼吸器系、循環器
攻撃的で自己主張が強くなり、人との距離の取り方が解らなくなる
批判的で気難しく恨みがましい
状況や相手を嫌うと同時に自分も嫌い、自らを中傷し、自己嫌悪に陥って相手を思いやる事ができない
悲観的
ローズ
イランイラン
ベルガモット
ジャスミン
ソーラープレクサスチャクラ(ウエスト)


パワーの発電所
情熱とエネルギー
第2チャクラで生まれた創造的アイデアを実現させるための出発点
なりたいものになる、変化を起こす、夢を実現するパワー

胃、膵臓、肝臓、胆嚢
感情的になり自制力がなくなる
我儘で無茶苦茶する
何も考えずに人の気持ちを土足で踏みにじる
エネルギーの欠乏、スタミナ不足
意志が弱く、自主性、自己表現、方向性に欠ける
ジュニパー
ベティバー
マンダリン
セイクラルチャクラ(へその下5センチ位)


動き・流れ・柔軟性
官能性、忍耐力
内面の女性性と男性性のバランス
創造性の最初のひらめき
喜びを与え受け取る
成功や生きる喜び


女性の生殖器官
腎臓や尿管、リンパ線、血流(体液の流れ)
喜びを感じる事が出来なくなり、愛情を全身で表す事が出来なくなる
無意識の働きが強い為、衝動的な行動が多くなり精神的に不安定になりやすい
ジャスミン
ローズ
クラリセージ
オレンジ
サンダルウッド
ルートチャクラ(股下)


安定と健康の基礎となる土台
安定感や安心感
食欲や睡眠欲など基本的な本能を司る
他のチャクラ全てに影響を与える


副腎、骨、生殖器、脚、腰
湧きあがるような不安感
体がだるくなる、無気力
自分という個人の人格意識や自尊心がゆがみ、生きていくそのものがどうでもいいと感じる
地に足のついた考え方ができなくなる。
パチュリー
ベティバー
フランキンセンス
ローズウッド
【ブログ参考記事】