授乳中に処方された花粉症の薬とは?私の体験談

ありがとうございます。

体からのメッセージを紐解きあなたを痛みから解放するセラピールームアロママです。
 
今年は花粉、酷いそうですね{http://emoji.ameba.jp/img/user/so/soukou/6087.gif}
あの猛暑のせいでしょうか…。
 
今日は授乳中でも花粉症の薬を飲みたいけど…と不安な気持ちでいる方に向けて、私の体験をシェアしたいと思います。
 

私の花粉症歴

 
私は花粉症になって9年目。
長女を出産して2年目の春に発症しました。
 
ですので、長女の時は授乳中の期間にかかる事なく、断乳した直後の春に花粉症になった、という事になります。
 
そして、その2年後に次女を妊娠。
この時の花粉症は、切迫早産で入院となり、花粉を浴びる事なく過ごし、5月に出産。
 
そして、その約一年後の授乳中にとうとう私は花粉症と鉢合わせしてしまいました。
 
この時はかなり症状が酷く、鼻水だけでなく、目も痒くなっていました。
 
本当に毎年、少しずつ、悪化している印象でしたね。。。(^_^;)
 
 
なので、お医者様に相談したんですよね。
 
 
授乳中でも飲める花粉症の薬って無いですかね〜?
 
って。
 
そして、そんな私の質問に笑顔で応えてくれたベテランの先生の答えは…。
 
「うん!あるよ!アレグラね。
お薬飲むのお母さんは心配かと思うけど、
これは大丈夫だから!」
 
って本当に大丈夫だよ!って笑顔な感じで処方されました。
 
アレグラって、薬局でも売っている花粉症のお薬です。
ご存じの方もきっと多いですよね。
 
 

授乳中にアレグラは飲んでも大丈夫なの?

 
実際のところどうなのでしょうか?
って気になりますよね。
 
そこで、調べてみました。
 
国立成育医療研究センターというホームページを見つけました。
国立ですからね、いいかげんな情報はないはず。
 
によると。。。あった!ありましたよ。アレグラが。
成分名はフェキソフェナジンとあったので解りずらいのですが、ありました。
 
 
授乳中でも飲める薬って、結構ありますね。
ちなみにロキソニンも大丈夫です。
だって、出産後の子宮の収縮で痛い時にも処方されましたしね。
 
ですが、ここで注意点。
 
市販のアレグラの薬では、注意事項を見てみると
授乳中の人は服用することはできません。
もし、服用した場合は授乳を中止してください。
というように書いてあります。
 
これは、アレグラの成分が動物実験では
母乳に移行する事が報告されているからです。
 
結局のところ、授乳中のママで実験する事が出来ない為
確かな事はなんとも言えないようですが、これまでで
アレグラを服用して子供にナニカあったという報告は1件もないそうです。
 
 
ですので、授乳中の方は、必ずお医者様に診て貰って、
お医者様が処方してくれた場合にのみ、アレグラを服用しましょうね。
 
自己判断で勝手に市販薬に手を出したり、しないように!!
 
これだけは、お願いします。
 
 
 

アレグラを飲んで、授乳した私の体験談

まあ、もちろん、なんともありませんでしたよ。
子供の体調が悪くなる事もありません。
薬が効いて、快適~~~でした。
 
 

妊娠中や授乳中のお薬について私が思う事

 
私は妊娠中に、親知らずが虫歯になり、抜歯しました。
レントゲンも撮り、麻酔を使っての抜歯です。
そして、その後の痛み止めのロキソニンも飲んでました。
 
そして、二人目は切迫早産となり、
お腹の張り止めの点滴を24時間、44日間し続けました。
 
まあ、薬と医療に助けられた妊娠期間でした。
 
体の具合が悪い、痛いところがある・・・もうそれだけで最悪ですよね。

でも、そんな体でも、妊娠と授乳は待った無し!
 
関節痛いし、頭は痛いし、鼻水止まらないし…。
 
子供にも、心配されちゃったりしてさ。
代替医療を盲信してしまう人達の中には、

薬と西洋医学を徹底して嫌う人達がいる。

ケミカルなモノは悪と。

悪と言いきれるその強さが時に羨ましくなるけどね。

でも、私は思う。

の成分や副作用を気にして、

お薬を飲まずに我慢して、

それで日常生活が送れなくて、イライラしたりして、

旦那さんや子供に当たったりするのなら

どっちがいいのかなー?

って。

(薬を飲んだ罪悪感が酷い人は飲んではダメだけどね。
心のダメージが酷くなるから。)

結構、私達の体って良く出来てますよ。

あまりにも辛かったら、是非、お医者様に相談してみてくださいね。
 

今年の私の花粉症状況は・・・

実は、わたくし、今年はお薬をほとんど飲んでいません。

体からのメッセージを紐解くセラピストとして
自分の花粉症とも、幾度となく、向き合ってきました。
 
でも、なかなか完全には良くならず・・・。
本当にね、自分の事っって、難しいのです。
医者が病気になるのと一緒ですよね。
 
結局、去年までお薬のお世話になっていたのですが、
今年はなんと!特別な時を除いては、マスクだけでなんとかなっています。
 
 
 
その特別な時、マスクだけでなんとかならないのは、
子供の事関連な時だけなんですよね。。。
 
私と花粉症は私と子供達との関係に似ています。
 
 
 
あなたは花粉症、花粉から何をイメージしますか?
見えるもの、感じる事でも、思う事でも感情でもなんでもいいです。
 
私は、最終的に花粉が子供にリンクしていきました。
 
そして、そんな自分にガッカリしましたし、許せませんでした。
 
でも、だんだんと許せるようになってきたのかな。
この事はまたブログに書きたいと思います。
 
来年こそは、脱・花粉症!
 
 
******************
 

自分の本当の思いを知って、痛みを手放して人生をもっともっと楽しみたいあなたに

無料メール講座変容メソッドのお申込みはコチラ

 

今すぐ何とかしたいあなたへ

まずは、体からのメッセージに耳を傾ける全身のボディトリートメントからはじめませんか?

 
 
 
 
 
 
 
 
 

検索

新着ブログ

カテゴリー

アーカイブ