子供の水いぼからのスピリチュアルなメッセージ

ありがとうございます。

体からのメッセージを紐解き、あなたを痛みから開放するアロママです。

 

今日は娘の水いぼを最短で完治させた方法を

シェアしていきたいと思います。

 

プールまでに治してあげたい!!子供の水いぼを最速で治した方法

 

去年の今頃だったでしょうか。

当時4歳だった娘の腕に怪しいポツポツが・・・。

 

この写真は去年の5月31日のものです。

この時が一番酷く、掻いてしまい悪化していました。

 

このままでは全身に広がってしまうのでは・・・

お友達にうつしても大変!

 

というわけでサポーターを巻いてます。

実際の状態を画像で残しておかなかったことが悔やまれます・・・

 

もうすぐで娘の大好きなプールも始まってしまう。

その前になんとかしないと!!

 

てなわけで、まあ、まずは病院ですよね。

そして、思った通りの対応。

「自然に治るから。

このクリーム塗って、様子みてね。」

 

私の子供の頃は、水いぼはピンセットで

潰されていたのですが、最近ではあまり

この治療法はしないそうですね。

 

ウィルス性なので体の中に自然に

抗体が作られるのを待つ事を推奨する

お医者さんが増えて来ているとのこと。

 

通常9割のお子様は1年以内に自然治癒するそうです。

長いと2年、3年とかかる子もいるとか・・・。

 

だがしかし、それでは困るのです。

プールが始まる7月までになんとか治してあげたい!!

 

と、いうわけで病院でもらった薬も

全然効果が感じられないので、代替医療の出番です。

 

ネットで調べると、どうやら木酢液がよろしいとのこと。

早速注文して娘の腕に綿棒でちょんちょんしてみました。

 

 

なんとなく、小さくなった??ような??

 

そして合わせてやったこと、それは

娘の水いぼからのメッセージを紐解いた事。

 

娘の体に出た水いぼが伝えたい本当の思いとは?

 

水いぼとは?

水いぼとは正式には伝染性軟属腫といって、

皮膚にできるウィルス性の皮膚感染症です。

ではなぜ、いぼというのか?

調べて見ましたが、よくわかりませんでした。

破ると体液とウィルスが出てくるから?

水のような光沢があるから?

昔はプールでうつると言われていたから?

(実際は接触すること、かつ、体に掻いたなどの

傷等がたまたまあるとうつるので、

プールの水くらいでは移らないそうです。

娘の腕にも、もともと掻き傷があったのです。)

 

謎です

 

でも、今回は名前に水というキーワードを持つことになったという必然性

を大切に考えていきます。

体が出す水はすべて感情と深い関係があるのです。

そして皮膚は自分と自分以外を分けている境界を意味しています。

 

その他にメッセージを紐解くために必要な

情報として挙げられるのは、

 

・娘の体に水いぼができた部位は、

やること持つことに関係する腕だということ。

 

・娘は水いぼができる以前から腕にアトピー?が出ていて掻いてしまっていた。

 

これらの事をベースに紐解いていくと・・・

 

どうやら、娘はお友達や様々な決まり

(外部からの干渉)のせいで

「やりたいことが出来ない」

という思いを抱えていたようです。

 

そして、その事でかなりイライラしていたようす。

それが、腕の痒みとなって現れていました。

 

お友達がお気に入りのぬいぐるみで遊んでいて貸してくれない

自分が遊んでいたのに、お友達が無理やりそのおもちゃを持っていってしまった。

私はちゃんと順番を守っているのに、○○ちゃんは守ってくれない。

ズルい!

 

こんなふうな事をよく愚痴っていたんですよね。

ガリガリと腕を引っ掻きながら・・・。

 

邪魔が入らずとも、やりたい事が思うように出来ない

3歳の頃から娘の腕にはすでにアトピーのような痒みがありました。

 

水いぼに悩んだ頃は、自分勝手に一人で遊んでいた

赤ちゃんの頃とは違って、お友達とコミュニケーション

がとれるようになってくる、4歳になるかならないかの頃です。

 

娘は5月生まれで口も手も達者なお姉さん。

でもクラスにはまだ3歳になったばかりの子も・・・。

 

そんなクラスで、色々とストレスを抱えていた様子。

 

3月くらいから日毎に腕の掻き傷はひどくなり、

そしてとうとう5月に水いぼになりました。

 

そして、私は思ったのです。

 

これは、ただのイライラから

複雑な感情を感じてのイライラを感じている成長の証!!

 

これまで感じた事のない思いをたくさん感じて、

それが上手に表現出来なくて、

その思いが水いぼとして現れたのでは?

 

そこで、よく怒っていた娘に

こんなふうに話してみることにしました。

 

○○が出来なくて、悲しかったの?

○○が出来なくて、悔しかったの?

○○が出来なくて、寂しかったの?

 

怒りの感情は2次的な感情です。

 

悲しいから怒るんです。

悔しいから怒るんです。

寂しいから、怒りがこみ上げてくるんです。

 

怒りの奥には本当の思いが必ずあります。

その思いをちゃんと感じさせて上げる。

 

ただの怒りとしてのイライラで終わらせない。

その本当の思いをなかった事にしない。

 

娘にそんなふうに問いかけると、首を横に降ったり

縦にふったりして正解を教えてくれる。

 

もちろん、わからないって答える時もありました。

 

複雑に重なり合う感情を、しっかりと感じる事なく、

なんだかよくわからないままに、ただただ、怒りとして表現する。

 

仕方がない事ではありますよね。

 

でも、その本当の思いをきちんと感じる事が大切。

 

 

そんな事を何度か繰り返していたら、

娘の水いぼはあっという間に治りました。

6月23日の画像です。絆創膏1個になってます。

 

あなたのお子さんはどうですか?

やりたい事が出来ないイライラを感じている様子がありませんか?

 

もしも、あなたのお子さんが水いぼで悩んでいるのなら、

ぜひ問いかけてみてださい。

 

悲しかったの?

悔しかったの?

寂しかったの?

 

そして、その思いをしっかりと受け止めて上げてくださいね。

 

頑張り屋さんだね。

○○ちゃんは、優しいね。

寂しい思いをさせてごめんね。

 

って。

 

 

水いぼとプール

最近では掻きむしっていなければ、

水いぼでプールに入れないって事は

少なくなってきているようです。

下記リンクは

日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会 ・日本皮膚科学会

から出されている声明です。

http://www.jocd.org/pdf/20130524_01.pdf

 

が、なんだかママとしては、やっぱり堂々と!

というわけにはいかず、気が引けちゃいますよね・・・。

 

 

だから、7月までもうすぐ!

頑張って治そうね~~~。

 

今年の娘の腕はつるつるです!

 

 

あなたもアロマリンパトリートメントで体からの

メッセージに耳を傾けて体の悩みを手放しませんか?

 

 

 

検索

新着ブログ

カテゴリー

アーカイブ